感染者数の多い性器ヘルペスとは > 男女別:トリコモナスの症状

男女別:トリコモナスの症状

バスタオル

トリコモナス症は、トリコモナス原虫が原因となって発症をする性感染症の一つです。
トリコモナス原虫は性行為によって女性の尿道や膣に感染をして、発症をするものであり衣類やタオル、トイレそして浴槽から感染をすることもあります。
トリコモナス原虫は非常に強い生命力のあるウイルスで人間の外に出ても、水の中にしばらくは生存することができるので、トイレや浴槽なので感染をするのです。

トリコモナス症を含め、性感染症にかからないようにするためには性交渉を持たないことですが、妊娠をするためにはそれは到底無理なことです。
したがって、性交渉を持つ際にはきちんとコンドームを付けて事に及ぶことが有効な予防策となります。
コンドームをすることですべての性感染症を100パーセント防ぐことはできませんが、予防策の一つであることに間違いはありません。
そして不特定多数の人と性交渉を持たず、決められたパートナーとだけ関係を持つことがこういった性感染症の予防策になるのです。

トリコモナス症の症状としては男性、女性によって症状が異なります。

男性の場合は、症状が出ることが殆どなく、自覚症状が少ないです。
主に排尿時に痛みが生じたり、尿道に違和感があったり、かゆみ、分泌液が出ることがあります。

女性の場合は男性と違って症状が現れやすくて、膣周辺に症状が現れることがあります。
そのため、トリコモナス膣炎と呼ばれることが多く、排尿時の不快感や性器のかゆみ、むず痒さや痛み、等の症状があります。
また、外陰部の灼熱感があるというケースも多く、おりものが泡状になり黄色をしていることもあります。
こういった症状があった時には要注意であることから、女性はもちろんのこと、男性も早期に医療機関を訪ね適切な治療を開始することが必要です。
悪化すると他の病気を引き起こすこともあります。